臨済宗妙心寺派 龍源寺

トップ沿革・龍源寺の歴史慶應義塾百年史1

沿革・龍源寺の歴史・慶應義塾百年史1   戻る    慶應義塾百年史2へ

慶應義塾百年史(上巻)の中に龍源寺の記載がありますので、抜粋してご紹介致します。

慶應義塾百年史 上巻 福沢諭吉
創立者 福沢諭吉
塾史編纂所

昭和三十三年(一九五八)十一月八日発行 慶應義塾百年史 上巻
編集兼発行人 東京都港区芝三田二丁目二番地  慶 応 義 塾
制作 東京都港区芝三田綱町一番地 慶應通信株式会社


第二章 近代教育の先駆
第二節 洋書の輸入と近代教育
P295 13行目 〜 P297 4行目

 第九項に抜刀に関する規定があるが、このような規則が設けられていることは、なお廃刀の習慣のできていないことを示すものである。しかし「何等の事故有とも」と強調していることは、廃刀の方向に向かいつつあることを暗示するもののようである。
 福沢および義塾の廃刀については、『福沢諭吉伝』に詳細にしるされている。福沢は慶應三年(一八六七)秋ごろには、運動のために使用する居合刀だけを残して、すべての刀剣を売り払ってしまい、刀を馬鹿メートルと称して、その長大なのをあざわらい、かれ自身はほんの印までに刀を差していたにすぎず、廃刀をしたのほ明治元年の五−六月ごろといわれている。福沢の強い廃刀論に影響されて、塾中にもおいおい廃刀者が出てきたといわれている。
 『慶應義塾五十年史』は、慶應二−三年のころから次第に刀を廃したとしるしているが、実際に行われ出したのは、新銭座に移った以後ではなかったかと思われる。塾生の廃刀について、『福沢諭吉伝』に左のような逸話をのせている。


或日小幡甚三郎外二三人の塾生が丸腰で散歩してゐると、どこかの壮士に見とがめられ、お前達ほ武家でありながら何故大小を差してゐないかと議論を吹きかけられたことがある。又其反対に塾に入らうとして来た帯刀の武家が、新銭座の近傍で、福沢の塾はどこかと尋ねると、丸腰の男が丁寧に教へてくれた。扨塾に来て塾頭に会つて見ると、何ぞ図らん、今道を敦へてくれた男が小幡塾頭であつたのに大に恐縮したとの奇談もある。何分当時の塾生はいづれも諸藩の士族であるから帯刀はなかなか思ひきれず、分塾から本塾に通ふか又は近辺の散歩には丸腰であるが、上野とか浅草とかいふやうな遠方へ行くときには矢張り双刀を帯する者があつて、大小は必ずこれを所持してゐたので、これがため時としては物騒の事件を惹き起すことがある。(中略) 芝山内の分塾に三河の者で庄田某といふ酒癖の悪い塾生が居た。或日泥酔して仲間と喧嘩を始め、抜刀して相手に斬りつけんとしたので、相手も同じく抜刀してこれに対し大騒動の最中、分塾の監督をしてゐた渡辺久馬八が飛び来り、庄田の打下す太刀を側にあつた経机で受止め、刀を奪取つてこれを組伏せてしまつた。

 この逸話に出てくる、丸腰で本塾との間を往復した分塾とは、汐留の分校を指すのか、あるいは後に出ている分塾と同じく広度院を指すのかは明らかでないが、とにかく汐留の分校ができたのは、明治二年八月であり、三年の春ごろに広度院が、四月には龍源寺が借用されたのであるから、そのころでもなお塾内に抜刀騒ぎがあったのである。しかしそれほ酒に酔ってのことで、平素ほそのようなことはなく、むしろ世間の風潮に先だって、廃刀の機運が熟成の間で強まってきていたといえまいか。広度院で抜刀騒ぎを演じた三河の庄田某というのは、そのころ入塾した南設楽郡三河大野出身の荘田健二(明治三年二月二十七日入門)と壮田復平(明治三年一一月一日入門)の両名があるが、おそらく壮田健二でほなかったかと思われる。
 廃刀とならんで、新時代の風習として行われた斬髪についてほ、実害も無かったためか、規則にほ全然しるされていないが、明治元年前後から、次第に塾生の間に行われてきた。『慶應義塾五十年史』 に、(以下、略)



第二章 近代教育の先駆
第三節 本塾の三田移転
P305 5行目 〜 P307 6行目

新銭座時代の入社生数を月別に示すと、
〔年  月〕〔入社生数〕〔備  考〕
慶應四年 (一八六八)三月四名
四月四名新銭座に移り、慶應義塾と命名。
閏四月四名
五月三名上野彰義隊の戦い。
六月二名
七月九名
八月一〇名
明治元年 (改元)九月一二名
十月一六名
十一月一七名
十二月九名
明治二年(一八六九)一月一一名
二月二九名このころ敷地最奥の部分に二階建校舎建築。
三月三三名
四月四二名
五月一八名
六月八名
七月三名
八月二四名汐留の奥平家本邸内に汐留出張所を開く。
九月一七名
十月二五名
十一月三二名
十二月一二名汐留の奥平家本邸の一部焼失。
明治三年(一八七〇)一月二四名広度院借用か。
二月二七名
三月二七名
四月二八名龍源寺借用。
五月三七名
六月一二名
七月一三名
八月一三名
九月二五名このころ江川長屋借用。
十月二五名
閏十月五九名
十一月二四名
十二月一一名
明治四年(一八七一)一月四名
二月二六名
三月一七名三田に移る。


戻る    慶應義塾百年史2へ


このページトップへ

Copyright (C) Ryugenji, All Rights Reserved