臨済宗妙心寺派 龍源寺

トップ沿 革わが街の歴史竜源寺と松の木だんご1

龍源寺沿革 わが街の歴史
平成2年8月20日 初版発行、平成6年4月10日 改訂版
著者:柘植 粂次郎、発行:地域の歴史を知る会

竜源寺と松の木だんご(1)   戻る   つづきへ
 「わが街の歴史」53〜60ページ (抜粋)

龍源寺と松の木だんご1
左写真クリックで拡大

 「竜源寺と松の木だんご」として書いてみたいと思います。
 小生の住んでいるこの街の周辺には、古い歴史の匂いがこびりついていて街のどこを歩いてみても、なんとなく、それぞれの時代にかけまして、豊富な話材がころがっているような気がして、筆不精な私でも書いてみたくなることがあります。
 有名な史跡なども多く、泉岳寺もそう遠くないところにありますし、忠臣蔵の関孫のことなどもいろいろございます。

 まず、三田四丁目から魚藍坂を昇り切ったところを右折しますと、右手一帯は昔、細川越中守下屋敷で、かなり広大な敷地となっております。
 また、この地は廃藩以後しばらく、海軍省軍医寮となり後に東宮御所になったのですが、その明治八年に三府屋又兵衛が作成しました。高輪西町壱番地とあり、何回か町名も変わり、現在は高輪一丁目となっております。

 ここには細川越中守の下屋敷があって、大石良雄以下十七名の切腹の跡を示す記念碑があることは有名です。

ご存じの赤穂浪士四十六名は、四人の大名(細川越中守・松平隠岐守・毛利甲斐守・水野監物)に預けられ、切腹したわけですが、魚藍坂下には、荻生徂徠(一六六六〜一七二八・江戸茅場町に護国塾を開き、実際的道徳と経世論を説く)で有名な長松寺があり、三味線の元祖石村近江家十一代の記念碑並びに墓のある大信寺もあります。
 さらには、「江戸名所図絵」に紹介されております、加賀の千代女のつるべの井戸で有名な薬王寺や魚藍寺などがあります。

 さて、港区三田五丁目に竜源寺という古い寺がありますが、この寺は昔、麻布今井村(現在の麻布六本木附近)にありましたけれど、元禄十一年(一六九八)現在地に移りました。竜源寺の記録によりますと、この寺は当初今井村にありましたとき竜翔院と称し、永禄七年(一五六四)以前からあった と云いますので、約四百二十六年の古い時代の創建と云うことになります。そして、現在の竜源寺と改称されましたのは元文四年(一七三九)と云いますから、今井村から現在地に移りましてより永い年月を経ております。

 この改称にあたりましては、越渓禅格禅師を開山の祖とし、豊前中津藩主奥平昌成公を開基としております。
  「江戸名所沢絵」 (天保七年・一八三六年七巻二〇冊刊行完了・著作=斎藤卓雄・幸孝・幸成・長谷川雪旦等四氏)によりますと、竜源寺には、安産観音(如意輪観世音菩薩)があり昔は有名だったようで、竜源寺の話では、今でもときたま、遠くから安産祈願のためお参りにこられる方があるとのことです。

 この安産観音は、竜源寺開山の祖越渓禅師の母(肥前の鍋島舎人の第二子深江平兵衛の室)が観世音菩薩に詣で「もし子宝を授けて頂き男子が生まれたら禅僧にします」と折誓し、禅師が生まれた囚縁からこの安産観音を本尊仏としております。
 古い記録によりますと、水月観音堂というのが麻布時代からあり、寺の移転とともに移したとありますので、よほど古いものと思われます。高さは台座ともに一米余で、まことに美しい観音像です。

 「竜源寺の歴史について」によりますと、福沢諭吉先生が中津藩士でありましたところから新銭座(現在の浜松町の辺で貨幣を製造する工場があったところから、金座、銀座、銅座とともにそのように呼ばれた)で塾を開校する以前に、この龍源寺で中津藩の子弟を教えていた記録があり、いわば慶應義塾大学の基礎になったとみることができます。

 竜源寺は、前述しましたように麻布今井村にありました竜翔院が移転し、後に改称されたものですが、移転につきましては、百三十年間という氷い年月ではございますが、麻布台町、今井谷町、麻布新町に種々の事情から転々として現在地に移りましたのが元緑十一年で、この地(当時は古川町と云いましたが、後にこの地域に住んでおりました豊岡某の名をとりまして、豊岡町という名称に変わりました)は、小出千代という武家の上屋敷でありましたが、千二百五十坪余を替地として拝領したもので、「東は水谷主水殿、西は古川を隔てて堀玄蕃殿屋敷に接し、南は農家源蔵の住居に、北は古川に注ぐ幅一間の下水で限られた地域」と古文書にありますから、ほぼ現在地であると思われます(松原泰道師の書より引用)。

 しかし、今では、隣地を売却したり、貸したりして、竜源寺で使用している土地は三百数十坪になっております。

 竜源寺は、それぞれの時代に、この地域の住民に、なんらかのかたちで影響をもち、その住民の生活と深いつながりをもってきたものと思いますが、私が子供の頃、竜源寺にもっとも強い印象を受け、いまでも記憶に残っているのは、大正十二年九月一日の関東大震災のときのことで、附近の住民とともに竜源寺の境内に避難した思い出であり、当時のことは子供心に強く生々しく今でも時折り、ふっと脳裏をかすめることがあります。
 大地震の余震の続くなかで、竜源寺の境内に幾張りかの大きなテントを張りまして、豊岡、松坂、新広尾町などの老人や子供が集められ、特別に役けられました避難所に幾日かを過ごしたものと記憶しております。

 筆者の現在住んでおります三田五丁目(町会の名称は、従来から使われていた三田豊岡町を残しております)の豊岡町という町名は、豊岡某と言う人が住んでいてそのような町名になったと云われておりますが、昭和三十七年五月「住居表示に関する法律」が施行され、四十年代に入り、港区も次ぎつぎと町名の変更を行い、この地域も改名されたものでございます。

 竜源寺が麻布今井村から移ってまいりました当時は、豊岡町の辺りは、麻布古川町と、竜源寺のある略図にもありますので、元禄以後のことかも知れませんが、豊岡某のことについては定かではありません。  前号で紹介しました竜源寺の松の本につきましては境内の門の脇にありまして、昔は枝ぶりも良く、道路にかぶさるようだったと記億しております。

 また、これから紹介します茶店も、この松の木の枝の下にありました。 もっとも茶店と申しましても、当時は駄菓子やタバコなどを売っていて、子供の頃よく行ったことがありますが、奥行の深い店で、店先にガス燈があったということですが、そのガス燈のことと有名な松の木だんごを食べた記憶がありませんので、この頃は売っていなかったのではないでしょうか。
この茶店は、当時田中松太郎・なか夫妻がやっていて、この松太郎氏が何代目にあたるのか不明ですが、ご両親も健在だったようで、父親は田中吉五郎という人で、おそらくこの人の時代には茶店で松の木だんごを売っていたと考えられます。また、この田中松太郎という人は昭和十八年事故で他界されましたが、一男五女の子供がおりました。

 この竜源寺というお寺に「松の木こども会」という近所のこどもたちの勉強の場だったのでしょうか、現在の住職のお父さんが学生の頃と言いますから、大変古い話しですが、その時代の住職は松原祖来と言う方でしたが、この当時のこどもたちの写真を拝見しましたが、松原住職を中心にしまして六十名近くいたでしょうか(竜源寺境内の松の大木の下で、だんごを売っていたところから松の木だんごと呼ばれていた)、その家の娘さんで、その時四〜五才ぐらいでしたが、田中久子という子供で、一番前の席にちょこんとすわっていたのがなんとも可愛く印象にのこっております。

 この「松の木こども会」は、松原泰道氏が学生時代に仲間の近藤、錦織氏、いずれも当時学生らと共に運営し、毎月第三日曜日の午後一時から三時頃まで勉強していたようで、松原泰道師の話しによりますと、昭和元年から六年間に及んだそうです。

戻る   つづきへ


このページトップへ

Copyright (C) Ryugenji, All Rights Reserved